• 後援会について -後援会会則

後援会会則

第1条  この会は、熊本県立大学後援会と称し、事務所を熊本県大学内に置く。

第2条  この会は、この大学の教育事業を後援し、大学と家庭及び社会との協力によって、大学教育の成果を挙げることを目的とする。

第3条  この会の目的を達成するため、概ね次の事業を行う。

1 この大学の教育の助成に関する事項
2 この大学の施設の援助に関する事項
3 その他、大学運営に必要な助成に関する事項

第4条  この会は、在学学生の父母またはこれに準ずる者を会員とする。

第5条  この会の運営、教育振興のため、名誉会員並びに特別会員を置くことができる。名誉会員及び特別会員は、会長が評議員会の同意を経て委嘱するものとする。

第6条  この会に次の役職員を置く。

会長     1名
副会長    2名
常任評議員  6名
評議員    各学部から若干名
監事     2名
事務長    1名
書記     若干名

会長は、会務を総理し、この会を代表する。

副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代理する。

常任評議員は、常時この会の会務に参加する。

評議員は、評議員会において、この会に関する重要事項を審議する。

監事は、この会の収入、支出の適正を図るため、会計事務を監査する。

事務長は、この会の事務を掌理する。

書記は、事務長を補佐し、この会の事務を処理する。

第7条  会長、副会長及び監事は、評議員の互選とし、その任期は2年とする。但し、再任を妨げない。

評議員は、各学年ごとの会員の中から総会で選任し、その任期は概ね学生の在学期間とする。

常任評議員は、学長、副学長、事務局長、文学部長、環境共生学部長及び総合管理学部長を充てるものとする。

事務長は、この大学の事務局次長を、書記は大学の事務職員の中から会長が委嘱する。

第8条  総会は定例として毎年1回6月末日までに開く。

この会の会長が議長となる。評議員会は随時これを開くものとし、会長がこれを招集する。

第9条  この会の経費は、次に掲げる収入をもって充てる。

1 会費
2 預金利子
3 寄付金
4 その他

第10条 この会の会費等の額及び徴収方法は、評議員会の議決による。

この会の会費等の徴収、保管並びに経費の支払い事務は、事務長に委任する。

第11条 この会の事業、予算及び決算は、評議員会で議決し、次の総会に報告してその承認を求めなければならない。

この会の事業の追加及び予算の補正がある場合には会長が決裁する。

この場合、次の評議員会及び総会に報告し、承認を受けなければならない。

第12条 この会に、次の帳簿を備え、事務長がこれを保管する。

1 会員名簿
2 会計簿
3 諸記録

第13条 この会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第14条 この会の会則の変更は、総会の議決による。

但し、急を要する場合は、評議員会で議決し、次の総会に報告し、その承認を求めなければならない。

第15条 この会則に定めるもののほか必要な事項は、会長が別に定める。

附則

この会則は、昭和50年4月1日から適用する。

この会則は、昭和52年6月11日から適用する。

この会則は、昭和54年6月9日から適用する。

この会則は、昭和56年5月30日から適用する。

この会則は、昭和62年6月6日から適用する。

この会則は、昭和63年6月11日から適用する。

この会則は、平成6年5月28日に施行し、平成6年4月1日から適用する。

この会則は、平成9年6月7日から施行する。

この会則は、平成11年6月5日から適用する。

この会則は、平成12年3月4日から適用する。

この会則は、平成18年6月24日から適用する。